弁護士 今泉裕光|荒井・今泉法律事務所【仙台 弁護士】

アンカーポイント
プライバシーポリシー
サイトマップ
クリアスペース
荒井・今泉法律事務所
荒井・今泉法律事務所 > 弁護士紹介 > 弁護士 今泉裕光

弁護士紹介

弁護士紹介
アンカーポイント

弁護士 今泉裕光

弁護士 今泉裕光
クリアスペース

経歴

経歴
昭和49年 6月 東京都足立区生まれ
平成 5年 3月 神奈川県立横浜緑が丘高校卒
平成12年 3月 早稲田大学政治経済学部経済学科卒
平成16年 10月 司法試験合格(59期)
平成18年 10月 荒井法律事務所入所
平成21年 5月 荒井・今泉法律事務所開設

委員会・公職等

委員会・公職等
財務労務委員会
ADR委員会
弁護士法23条照会調査室室員
日本司法書士支援センター宮城事務所 民事法律扶助審査委員
仙台オンブズマン タイアップ
(元)司法修習委員会
(元)日本司法支援センター仙台コールセンター リーガルアドバイザー
(元)仙台市民オンブズマン タイアップ
(元)憲法委員会
(元)刑事弁護委員会
(元)子どもの権利委員会
(元)消費者委員会
(元)広報委員会
(元)東北弁連幹事
(元)東北弁連広報委員会
平成29年度 副庶務委員長

趣味

趣味
野球、テニス、スキー、スポーツ鑑賞、ギター、音楽鑑賞、映画鑑賞、読書、お酒(なんでも大好き)

メッセージ

メッセージ

私は、上記経歴のとおり、東京で生まれ、その後はずっと横浜で育ち、仙台には縁もゆかりもありませんでした。また、大学も法学部ではないため、当時はまさか将来自分が仙台で弁護士なんぞをしているなどと想像すらしませんでした。と、このように書くとなにやら大学時代に弁護士へと誘う大きなきっかけがあったかのようですが、残念なことに特に何もありません(笑)。  高校時代は、野球漬けの日々でした。本当に今から考えると恐ろしいくらい練習していました。おかげで未だに夢に見ます。だいたいは悪夢ですが・・・。その反動からか大学時代はまさに堕落した生活を送っていたのですが、そんな中で漠然と自分の将来を考えたときに、ふと弁護士なんていいかなあと思ったのがこの途を選んだきっかけといえばきっかけです。その後、大学を卒業したのを機に本格的に司法試験の勉強をはじめ、平成16年に司法試験に合格しました。

皆さんにはなかなか馴染みがないと思いますが、弁護士になるためには司法試験に合格するだけではダメで、その後1年6ヶ月の司法修習という研修を受けなければなりません(今は法科大学院制度になって1年に短縮されています)。昔「ビギナー」というドラマでやっていたのがこの司法修習です。その司法修習の実務修習地が仙台だったというのが、仙台にやってきたそもそものきっかけです。仙台での生活はとても素晴らしいものでした。なかなか仙台の中に居るとその良さは分かりにくいかもしれませんが、私のように外から来た人間にとっては、仙台というのは本当に生活のしやすい場所です。ああ、ここで一生暮らしたいなと思い仙台で弁護士を始め、現在に至ります。

「弁護士事務所は敷居が高い」といった話をよく聞きます。それはどこに起因しているのでしょうか。確かに、弁護士に依頼することなんて一生に一度あるかないかという方が大半でしょうし、料金体系もよく分からないし、また、なまじ弁護士は「先生」などと呼ばれているので偉そうなかんじがするし、といったところでしょうか。

そういった意識を払拭していただくために、当事務所はHPを作り、また私も詳細に自分の経歴等を書いてみました。我々弁護士も当然ですが皆さんと一緒です。偉くもないし、特段賢くもありません。ただ、プロとしてプライドと責任を持って法律を扱っているだけです。そして、我々の究極の目標は、決して裁判での勝利ではなく、依頼者の皆様の満足です。目先の勝利のみにとらわれず、将来的な視点を持って、どうすることが依頼者の皆様の一番の満足となるかということを依頼者の皆様と対等の立場で一緒に考えていける弁護士になりたいと思います。

法律問題でお困りの時は是非ご相談ください。病気の場合と同じで早ければ早いほど解決は近いものです。そしてその際は、いろいろな事務所にご相談して下さい。そして、いろいろな事務所や弁護士を見て、本当に信頼できる弁護士に依頼をするようにされるといいと思います。

そういった事務所のひとつに当事務所も入れていただければ幸いです。

クリアスペース
前のページへ戻る
クリアスペース